実は京都よりも…?

伏見のまちは、実は京都よりも…

いったい何だと思いますか?

 

なんと実は、伏見のまちは

おおよそ1300年の歴史をもつ京都よりも

古くからの歴史をもつまちなのです!

 

平安京が遷都される、その以前、都が平城京だったさらに以前から

伏見のあたりでは豪族が力を持ち、ひしめきあっていました。

そして、豪族たちがそういう土地の一部を

朝廷に献上したことによってできあがったのが「平安京」になります。

 

現在、いわゆる京都、とされている京都御所を中心とするあたりを

取り囲むように、東西南北にたくさん古墳が見つかっています。

南側にも非常に多くの古墳跡が認められ、

それがちょうど現在の伏見にあたるのです。

 

さて、話を平安京がやって来た頃に戻しましょう

平安京が遷都されると、

伏見は、もと都があった平城京と都が移ってきた平安京の

ちょうど中継地として発展を遂げていきます。

 

さらにはこの場所は、大阪から京都へ向かう

中継地ともなっていました。

 

京都・大阪・奈良の3つの大きな都市の

要衝地という立地上の性質が、伏見のまちの性格に大きく影響を与えたのです。

 

また少し話が先に進んでしまいましたが、

順を追って歴史をみていくことにしましょう。

 

平安京がやってきてからの伏見、

そのお話は次回につづきます。

 

4につづく

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon

京都府京都市 | ふしみ美人 | 京都・伏見の魅力を紹介

CopyRight (C) Move. All Right Reserved