• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon

京都府京都市 | ふしみ美人 | 京都・伏見の魅力を紹介

CopyRight (C) Move. All Right Reserved

​貴族が愛でた豊かな土地

平安京が遷都され、京の都には宮廷文化が花開きます。

そんな中、伏見の地は天皇の遊猟地とされました。

 

そして、平安京を遷都した桓武天皇、

その孫の仁明天皇の陵墓が定められたことから

いよいよ伏見と宮廷の結びつきは強まります。

 

ゆたかな水が織りなす、風光明媚なこの伏見に

貴族たちは競って山荘を建てはじめるようになります。

 

平安時代といえばこの一族、藤原氏は

山荘を建てただけでなく、政治的・軍事的に交通の要衝となる伏見を

摂関政治を行ううえで重要視しました。

 

やはり、伏見は各所を結ぶ土地として発展を遂げたのです。

 

そして、白河上皇による院政がはじまると同時に

鳥羽離宮(現在の城南宮のあるあたり)が営まれ

伏見はついに政治の中心、歴史の表舞台へと躍り出ます。

 

鳥羽離宮のまわりには院の近臣や貴族などが移り住んだため

「あたかも都遷りのごとし」であったといわれています。

 

こうして見ていくと、伏見は

京文化の影響を強く受けてはいるものの

平安京の別荘地として、むしろ都に勝るとも劣らない衛星都市として

文化を紡いできたことがわかります。

 

ゆたかな土地に根差した、もともとあったくらしに

平安京の文化が入ってきて

それをまた、生活へと紡いでいくように変化してきたのです。

 

そしてその長い積み重ねの流れは

天下統一の千両役者、豊臣秀吉によって大きく変化を迎えることとなります。

 

その変化はどのようにつむがれるのか、それはまた次回のお話

 

5につづく